オブジェクト整理法(1)

大量のオブジェクトファイルから画像を自動的に抽出し、ファイルの整理をしやすくします。

・ひとつのフォルダに100個200個とファイルがたまってしまい、整理しようにも途方に暮れている・・・
・ダウンロードを一度にたくさんしてしまうけど、すぐに使いたいものはその中の一部だけ。なのにどのファイルかわからない・・・
といった人に有効かと。(自分だよ・・・)
画像で一覧できるメリットは、削除や移動のしやすさ、オブジェクトの選びやすさにあります。画像を抽出したあとは、それぞれ工夫してみてください。
※以下の解説は、基本的にWinユーザー向けです。が、バッチ処理用ツールをうまく使えば、スクリーンキャプチャするソフトと組み合わせて、同様の作業は可能かと思われます。

ここで解説・使用しているツール


  • IFFビューア(必須):Simplorer v1.1.1(このツールは残念ながら配布終了しています。開発元はBluePrint(現在はSimsTools))
  • バッチ処理(他でも代用可):Free Macro!(FacsyS HomePage!各自のOSにあったバージョンを使用のこと。
  • BMP→JPG一括変換(あれば便利):Gこんばーちゃ(うちじゅうのすみか)やBatchGOO!(LNsoft Entertainment)など。(あるいは、PhotoShopなど画像加工ソフトで、バッチ処理ができるもの)


なお、ここでは、バッチ処理がよくわからない人に向けて解説しています。実際には、バッチ処理が出来ればどんなツールでもかまいません。バッチ処理も画像形式一括変換もVectorには、もっと高機能なフリーソフトがいくらでもあります。自力でそれらが使える人は、自分の好きなツールを使えば良いでしょう。なぜ Free Macro! かというと、コマンドラインなどの入力が必要なく、もっともシンプルなツールでわかりやすいだろうと思ったからです。
IFFビューアに関しては、Simplorerの上位版 Sim Explorer v2.1.0 が現在入手可能ですが、ここでの自動処理には向いていません。コマンド記述式のバッチ処理ソフトを使って、工夫すればできるとは思いますが。


抽出までの準備


  1. 当然ながら、SimplorerとFree Macro!をインストール。 次に、抽出した画像を保存するためのフォルダを作成する。
    ・デスクトップ以外ならどこでも良い。アクセスしやすい場所で。

  2. Simplorerを起動し、File→Settingsから、設定をします。

    simplorer04.gif

    ・シムピープルのフォルダでなくても、Locationを自分で指定すればどこでも可。指定後、Simplorerを再起動すれば、左側のツリー表示が指定フォルダになります。
    ・画像の保存先は【1】で作成したフォルダを指定。その他の設定は、解説画像どおりにチェック。
    注意!「Prompt on Delete」のチェックを外すと、削除したときにいきなり、しかも完全消去されてしまうので(ゴミ箱に移動とかではない)うっかり消してしまわないよう、通常はチェックを入れておくことをおすすめします。

  3. ここで、画像保存ボタンを押して、保存先にオブジェクトから画像が抽出されているか確認する。フォルダ内のファイル数が少なければ、自分でこうしてひとつずつ保存していけばOK。
    ・【2】で「Prompt on Save Image」のチェックを外していないと、保存の確認ダイアログが出てしまいます。

    simplorer03.gif

    これはバッチ処理の時は邪魔なだけなので、必ずチェックを外すこと。
    ・保存されるファイルはビットマップ形式で、ファイル名は自動的に、iffのファイル名+.bmpになります(これが非常に便利)。 同名ファイルがあれば上書きされます。


  4. Free Macro!を起動。Simplorerは、ウィンドウを最大化しておく。このときの両ソフトの配置は、こういう状態が望ましい。

    macro02.gif

    ・Simplorer最大化は、ウィンドウの位置がずれないようにするためです。マウスカーソルの位置(座標)を記憶して処理するので。
    ・Free Macro!のSTOPボタンと、Simplorerの画像保存ボタンとの距離が極力短くなるようにする。これはバッチ処理の時間短縮のため。
    ・これらの配置は、Free Macro!が記録した処理を編集できないからです。他のコマンド記述型のバッチ処理ソフトで、マクロを細かく編集できるのであれば、このような作業は不要かと。
    ・Free Macro!の操作に関しては、日本語ヘルプが付属しているので、不明点はそちらを参照のこと。



オブジェクト整理法(2)へ
posted by 870 at 2005年03月12日 03:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tips-Obj:Simplorer

オブジェクト整理法(2)

バッチ処理による画像の抽出


  1. まずはバッチ処理の元となるマクロを記録します。これを繰り返し処理することで、同じ作業を自動化できます。一度記録したマクロは、保存しておけば何度でも使えるので、たいへん便利です。
    以下、画像の(1)〜(3)の説明と並行します。

    macro01.gif

  2. (1)Simplorerで、オブジェクトの一覧を表示しているウィンドウに、キーボードのターゲットを合わせます。
    ・このとき、一覧表示は「Details(詳細表示)」にしておくこと。キーボードの↓キーですべてのファイルを順番に選択できなければいけないので。
    ・キーボードで選択できることを確認したら、処理したいファイルの先頭(通常は表示されている一覧の一番上)を選んでおく。なお、ここでの並び順は、ファイル名の降順で、並べ替えはできない。


  3. (2)Free Macro!をアクティブにします。マウスでボタン以外をクリック。
    ・処理作業を短縮するため、記録開始をキーボードから行えるように。

  4. (3)Simplorerの画像保存ボタンの上に、カーソルを合わせておく。
    ・どこかをクリックすると、Free Macro!のアクティブが解除されてしまうので注意。

  5. マクロを記録。以下の手順は素早くやりましょう。その後の処理時間が短縮できます。

    (4)キーボードのAltキーを押しながら、Rキーを押す。(記録開始)
    (5)マウスをクリックする。(画像保存)
    (6)キーボードで↓を一回だけ押す。(次のiffファイルを選択)
    (7)マウスカーソルをFree Macro!のSTOPボタンに移動させ、クリック。(記録停止)

  6. これで記録は終了です。失敗しても、同じ作業をして、記録し直せばOK。
    ここで、ひとまずマクロを保存してください。

  7. マクロを使って、試しに何個か抽出してみる。 Loopをクリックし、5回程度を指定して実行してみましょう。

    macro03.gif

    ・無限に再生をチェックすると、キーボードからキャンセルするまで何も出来なくなってしまうので注意。キャンセルはCtrlキーとEscキーを同時押し。
    ・キーボードのターゲットを、一覧表示の方に移しておくのを忘れずに。
    ・再生速度を100%にしていると、処理に時間がかかるので(自分が実行したのと同じスピードで再生される)10%にして時間を短縮します。
    ・うまく抽出されていればOK、だめならもう一度【6】からマクロを記録し直してください。


  8. 処理するフォルダに、iffファイルが何個入っているか確認。この個数を、【11】の繰り返し回数に指定します。
    ・あまり多すぎると、画像が大量に作られてハードディスクを圧迫するので、自分で適当にフォルダ移動するなどして調整すること。
    ・この間、PCの操作はできないので注意。あとは、のんびりお茶でもしながら処理が終わるのを待つだけ。


  9. 画像がすべて抽出されたら、SimplorerとFree Macro!での作業は終了。
    ・今後、同様に抽出したい場合は、保存したマクロを使えば、記録し直さなくても作業できます。両ソフトを上記と同じ状態で起動しておき、マクロをOpenして実行します。
    ・画像の保存先フォルダは常に同じフォルダを使うので、ここで抽出したファイルは、そのつど別のフォルダに移動します。


  10. ここで、抽出した画像をiffの入っているフォルダに移動すれば、画像とiffが並んで表示されます(名前順に表示・縮小版表示)。 こんなかんじ。

    ie02.gif

    ・画像とファイルを置くので、ファイル数は2倍になることを考慮してください。同じフォルダに大量にファイルを入れすぎると、開くのに非常に時間がかかります。縮小版で表示してると特に。
    ・移動する前に、画像一括変換ツールを使って、bmpからjpgに変換したり、縮小しておくと、ファイルサイズが減って扱いが楽になります。うちでは、最低画質でjpg変換して保存してます。たいてい1k〜10kにおさまります。
    ・たとえば、画像とiffを一緒に、フォルダごとzipにまとめて保存したり、画像だけをまとめておいたり、あとの管理は自分の好きなように。
    ・エクスプローラで見るのではなく、フリーソフトのビューアやファイル管理ソフトなど使っても良いかも。




この方法で、かなりオブジェクトの整理ができるようになりました。でも、他にもっといい方法があったら教えてください〜(切実)
posted by 870 at 2005年03月12日 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Tips-Obj:Simplorer

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。